本文へスキップ

佐野塗料株式会社は、工業用塗料、色材、塗装機械設備の専門商社です。

TEL. 03-3625-2510

〒130-0002 東京都墨田区業平2-2-2

A11.工業薬品と健康Chemicals & Health

2012年7月、新聞各社及びテレビニュースでも話題となっていた印刷などの業務で「メチレンクロライド」(略してメチクロ)を使う労働者の「発がん」の問題がありました。
この問題に関連し、弊社で販売している商品についてご説明いたします。
なお、メチレンクロライドの別名は、ジクロロメタン、ジクロルメタン、二塩化メチレン、メチレンジクロリドなどです。

1.メチレンクロライド関連製品

以下の商品は、弊社が取り扱っている代表的な洗浄剤や剥離剤です。
以下の商品については、厚生労働省で発表している「労働者にがんを起こすおそれのある化学物質」を含有していますので、十分な換気と保護用具を使用してください。
ご使用の際は、都度「安全データシート」にて確認していただくことを推奨いたします。

品名(メーカー名)
内容・発がん性
ベルクリーナー#15
(ダンケミカル株式会社)
混合溶剤・混触危険物質。洗浄剤に利用。 テトラクロロエチレンを含有する化学製品。区分1B
メチレンクロライド
(ダンケミカル株式会社)
消防法では非危険物、洗浄剤や剥離剤に利用。ジクロロメタンを99%以上含有している製品。区分2
スケルトンM-200
(ナトコ株式会社)
剥離剤に利用。ジクロロメタンを含有している製品。区分2

ゲリッペ1-DS
(大豊塗料株式会社)
剥離剤に利用。ジクロロメタンを含有している製品。区分2


2.発がん性区分

一般にSDS(安全データシート)の文書中に「危険有害性情報」が記載されています。
この中に「発がん性」についての項目があります。この「発がん性」については、以下の通り「3つの区分」および「区分外」の記載があります。

区分1A::ヒトに対して発がん性があることが知られている。主としてヒトでの証拠による化学物質。
区分1B:ヒトに対しておそらく発がん性がある。主として動物での証拠による化学物質。
区分2 :ヒトに対する発がん性の疑いがある化学物質。
※上記区分の説明をみますと区分1Aがもっとも発がん性の傾向が強いとの解釈となります。
参考文献:GHS対応MSDSラベル作成ガイドブック(日本塗料工業会)平成19年5月版

3.代替品

現在、DAN・メチレンクロライドやDAN・ベルクリーナー#15の完全なる代替品は、弊社として提供できるものは、ありません。
代替洗浄剤としては、溶剤系が候補となりますが、消防法における引火性物質となります。
また、乾燥の早さや塗膜剥離力が十分かどうかなど確認する必要があります。
また、スケルトンM-200(剥離剤)に対しては、ジクロロメタンを含有しない非塩素系剥離剤スケルトンNC 650NCが候補となりますが、剥離性能を事前に確認することを推奨いたします。
Updated:2019/12/18

4.関連する改正政省令

特定化学物質障害予防規則等の改正について詳しくは、
厚生労働省の関連ページ「職場における化学物質対策について」の中の「法令改正等についてのご案内」を参照してください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/anzeneisei03.html
(2016/5/23)

5.廃棄物

東京都環境局のWeb site情報によりますと、ジクロロメタンを含む汚泥の場合、特別管理産業廃棄物の判定基準は、0.2mg/Lとなっております。
仮に剥離された塗膜、剥離剤、及び水の混合物を汚泥と考えた場合、この混合物1Lの中にジクロロメタン成分が0.2mg以上含有している場合は特別管理産業廃棄物に該当することになります。
また、もし仮にこの混合物を廃アルカリと分類した場合でも判定基準は、2mg/Lとなっており、同様に混合物1L中にジクロロメタン成分が、2mg以上含有している場合は、特別管理産業廃棄物に該当することになります。
特別管理産業廃棄物の場合は、専門の処理業者に依頼することを推奨いたします。

6.非塩素系剥離剤

スケルトンNC 650NCのような非塩素系剥離剤のご使用をご検討願います。
ただし、危険物第4類第2石油類の引火性液体です。

7.参考資料

1)ジクロロメタン(塩化メチレン)適正使用のお願い(クロロカーボン衛生協会)2012/6/12
2)スケルトンカタログ(ナトコ株式会社)2012/7/19
3)MSDS スケルトンM-200 (ナトコ株式会社)2012/5/9作成版
4)MSDS スケルトンNC 650NC(ナトコ株式会社)2012/5/9作成版
5)健康障害を防止するための指針公示第21号(厚生労働省)平成23年10月28日
(情報のダウンロード先は安全衛生情報センター)および「がん原性に係る指針対象物質」サイト(2013/11/28)
6)東京都環境局のウェブサイト情報、特別管理産業廃棄物の判定基準(ジクロロメタン)2012/7/19
7)日本肝胆膵外科学会・胆管がんのページ

以上、労働安全衛生面では、十分な換気と保護用具のご使用、また、廃棄物の件では、専門業者に依頼することを推奨いたします。
上記情報すべてについて、本ページにおいて都度更新されていない場合があります。
念のため都度最新情報をご確認ください。

updated:2019/12/18